TOP

会社案内

HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

明治41年3月 初代社長高尾正太郎が大阪府西成郡鷺洲町字大仁一丁目で個人経営として創業し、各種ボイラ、圧力容器の製造を始めた。
明治43年3月 西成郡鷺洲町字浦江北四丁目に移転した。
昭和8年11月 株式会社に改組した。この間、製品の改良研究の結果、自動車車両部品「フェロー」が天覧に供せられ、特許に登録されたうえ、奨励金も受けるに至った。その結果、業績の顕著な発展に伴い、工場と設備の拡充強化を図る。
昭和16年10月 現在地に移転した。
昭和17年~20年代 昭和17年~20年にわたる第二次大戦中は陸海軍の管理工場として指命ボイラを各方面に納入し、終戦当時は在日米軍関係方面に各種ボイラ、熱交換器などを納入、以後は各関係官公庁、病院、学校、民間ビル、工場などに多数の製品を納め、順調な経過をたどった。
昭和29年1月 煙筒煙管形式のFTボイラを開発し、販売を開始。とりわけ産業界の発展とともにこの高性能の3パス形FTボイラは販売以来、各方面に絶賛を博し、製品の急激な伸長を示し、漸次工場設備の増強充実と合理化の推進により業績をあげる。
昭和35年12月1日 社名を株式会社高尾鉄工所と改称し、(旧称は株式会社大阪高尾鉄工所)昭和48年3月、資本金100,170,000円に増資した。
昭和48年4月 ダイキン工業株式会社と共同して、吸収式冷棟機の高温発生器を分担開発し製造を始めた。
昭和53年3月 当社の創業70周年を記念して発表した省エネルギー低NOx形FTEボイラは、時勢のニーズに合致して絶賛をあびる。
昭和54年6月 省エネルギー低NOx形FTEボイラが第5回優秀公害防止装置として、日本産業機械工業会長賞を受賞した。
昭和55年1月 韓国和成ボイラ製作所にタカオFTNボイラの製作技術を供与した。
昭和55年10月 高温発生器の技術を活用して、省エネルギー形の真空式温水器(サーキットヒーター)を開発し、製造販売を開始した。
昭和59年9月 一般ビルのエレベーターにより、地下機械室へ搬入可能な日本初の立て型炉筒煙管式ボイラを開発し、製造販売を開始した。
昭和61年8月 不動産の賃貸事業と敷地内の建物及び諸設備の再配置工事に着手した。
昭和63年3月 製缶第5工場1棟及全自動加熱焼鈍炉1基を建造竣工し、工場環境改善整備を行い品質管理の徹底を図る。創業80周年機種として省スペース、省エネルギーの大容量立型炉筒煙管式FTTボイラの製造販売を開始した。
平成2年9月 省エネルギー超低NOxの超大形ツイン炉筒煙管式FTE-ボイラを大阪ガス株式会社と共同開発し製造販売を開始した。
平成4年1月 超大形ボイラ製造工場を建造竣工し、製造設備の拡充と量産体制の整備を図る。
平成8年8月 平成7年1月17日発生した阪神淡路大震災により、本社、事務所建屋の内外壁に甚大な損傷を被ったのを契機に‘平成8年8月’創業88年の記念事業として新社屋を竣工した。
平成8年8月 SFTスモールボイラを開発し、製造販売を開始した。
平成13年3月 ISO 9001 品質システム認証取得した。
平成15年6月 資本金100,000,000円とした。
平成20年3月 創業100周年を迎える。
平成22年3月 タカオバイオマスクリーンボイラを製品化。
平成24年2月 「金属含有副生油対応型有価金属回収ボイラシステム」が優秀省エネルギー機器表彰を受賞した。
  • ごあいさつ
  • 事業内容の紹介
  • 会社概要
  • 地図
  • ネットワーク
  • 資格取得者一覧

お問合せ

各営業所へ

メールフォーム

  • 故障かな?と思ったら
  • よくある質問

お問合せ

〒561-0826
大阪府豊中市島江町1-3-29

各営業所ご案内

お問合せ